かなで冒険記

日々の体験や興味のあることを書いていきます。

ハノイのローカルネイルサロンに行ってみた。

こんにちは。かなでです。

ベトナムと言えばネイルと美容室!というくらいお店がたくさんあります。

日本でスカルプネイルをして1カ月くらい経ったのでそろそろ外したくて意を決してローカルネイルサロンに行きました。


※日本でスカルプした直後の写真

ベトナムはなぜか爪が伸びるのが早いんですよね・・・。どうしてでしょうか。

以前の記事でも書いたのですがベトナムはスカルプをする人がいないのでオフする場所もありませんでした。

できれば日本語がいいのでネットで必死に探し、日本人が経営しているネイルサロンに問い合わせたところ、スカルプのオフは機械がないからできないと言われました。

それならばと思い、観光地ホアンキエム周辺なら英語表記もあっていけるだろうとネットで探しましたがいまいちいい場所がありませんでした。

もうどうでもいいやと思い、家から徒歩5分くらいの客がいない時間を見計らって行きました。笑

私の話せない片言英語でいざ出陣・・・。

え、、、えくすきゅうずみぃ・・・・・。でとりあえずスカルプをオフして新しくネイルしたいと言いましたが、

お店の人はさらに英語ができませんでした~まずスカルプとかいう言葉知っているんだろうか・・・・。

英語だとアクリルチュアなんですかね・・・どちらにせよ伝わらないので翻訳機を使いました。

最初koreanとか聞かれました。そう私いつも韓国人と間違えられます。笑

じゃぱにーーずと言ったら日本語を追加してくれました。とはいえ翻訳機はいまいち能力に欠けるんですよね・・・。

でもこんな突然来た外国人に丁寧にというか親身にというか対応してくれてすごくありがたかったです。

とりあえずわかったらしくてマッサージチェアみたいなのに座らされました。

スカルプを初めて見たかのような目でピンセットでむしり取ろうとしたからびっくりした・・・・


やっとわかったのか上から削ってアセトンでオフしてまぁそれなりになりました。

テレビを見ながら削っているので私の爪だけに集中してくれなくて時々痛かったです。笑

私はオフすることしか考えてなくて次のネイルを考えてなかったんですよ。

とりあえずどの色にしますか?みたいな見本を見せてくれて適当に行ったら2カラーでしてくれましたー!


爪を結構切られて深爪っぽいですがすぐ爪が伸びるのでちょうどいいかもしれません。

結構気に入ってます!

お値段は

オフと2カラー込みで20万ドン、1000円でした!
オフに時間がかかったのでただのマニキュアだったらもっと安いと思います。

英語表記すらない超ローカルなお店に入りましたが意外とどうにかなります

勇気ある勇者はぜひやってみてください!