【レンタル旅行彼女】あなたと海外旅行行きます

ハノイの大学病院に行った話

こんにちは。かなでです。

この前、前日に腹痛だけだったのが

翌日腹痛+頭痛+38度の熱で会社にも行けず死にそうだったので

ハノイ医科大学にベトナム人と一緒に行ってきました。

場所は Số 1 Tôn Thất Tùng, Kim Liên, Đống Đa, Hà Nội

結論を述べると二度と行きたくないです。


病院自体はかなり大きくてそれなりに整っているようです。でも建物自体は結構老朽化が感じられます。


しかし朝8時頃行ったのですが家に帰ったのは午後4時ごろ・・・は!?


まず外国人なのでパスポートがいります。


外国人料金とかなく現地人価格で診察を受けることができます


ベトナム人スタッフが対応して英語表記も一切ないのでよくわからないのですが


受付したら〇〇番にいってねと言われここで5分くらい待っておばちゃん医師に症状を伝えたら、


インフルエンザ流行っているからまず検査しましょうと言われ、


言われるがまま


まず熱、血圧測定~血液検査~心電図~お腹のエコーの順にしました。


それぞれ検査する場所が違うのであっちこっち移動させられて一つ検査を受けるのに1,2時間待たされたて昼休憩だからと私の2つ前で終わり・・午後にまた来てねと・・・・


周りを見渡すとおばちゃんや健康な人ばかり・・・具合がリアル悪かったのなんて私だけ・・・


病人の私を最優先して・・・!!なんて言えず・・・・。


日本みたいに話してはいけないという雰囲気でなくみんなぺちゃぺちゃもぐもぐって感じでした。


さすがベトナミーズ・・・。


でも風邪のような症状なのに心電図とか腹痛とは行ったけど妊婦のようにお腹のエコー検査までする必要はあったのだろうか・・・


心電図の時上半身裸になって電子板?のようなのに体をつけるのですが何もつけてないのに若い男の人だった・・・・・・日本だったらこんなことあり得ないですよね・・・


さすがに女の人がよかったです・・。


お腹のエコーも医師は男性でした。


結構ギリギリまで降ろすんですよね・・・・妊娠とかもないので日本の産婦人科事情がわかりませんが・・・


やはり女の人がよかったです・・・。


そういうのを気にするのは日本人だけなんでしょうか。


結果特に異常はなかったのですが少したんぱくが多い?らしく最後にまた最初のおばちゃん医師のところに戻ったらたんぱくが多いね~産婦人科行ってきなさいと言われました・・・・


はい?????


固い椅子で長時間待たされて死にそうだったので薬をもらって帰りました。


薬もすごく大きい・・・日本以外の薬を飲むのは初めてで少し怖かったです。

 

薬についての詳細は

ベトナムの薬局で購入できる薬 – 新卒でベトナム就職



でも薬を飲んで寝たら翌日には何事もなかったかのように元気になりましたwwwwwwwwwwwwww


病院行かなくてよかったと死ぬほど後悔した。


もちろんいい経験にはなったけどやはり海外での病気は不安で病院に行ったという安心感がほしいんですよね


でも一般庶民の私は日系には行けません><笑


とはいえおそらく込々で4千円くらいだったと思います。


私はやはりあの内科のおばちゃん医師を信じられない。


よくわからないから産婦人科行きなさいってこれでも医師なんですか・・・・


ベトナム語ほとんどわからないですが口調が怒ってるみたいですごく怖いんですよね。


ベトナム生活のこり5カ月健康にケガなく過ごせますように・・・・!!!

ベトナムランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です