かなで冒険記

日々の体験や興味のあることを書いていきます。

高校受験に落ちた人へ【実話】

こんにちは。かなでです。

 
高校受験に失敗した、落ちてしまったという皆さん、

心配しないでください
 
たくさん勉強してすごく悔しかったと思います。
 
でも高校なんてあくまで通過点です。
 
たしかに高校によって楽しさとか高校生活の過ごし方は大きく変わってきますがたったの3年間なので別に大したことはありません。
 
滑り止めの高校に行ってもそれなりに楽しく過ごせます。
 
高校受験に落ちてしまった時、同じ中学校だった人たちは私のことをどう言っているんだろうかとすごく気になるし会ったら気まずいと思うと思います。
 
ここからは私の経験、体験談になるのですが、
 
私も高校受験に失敗した一人になります。
 
もちろん受験の3日前くらいまでゲームしてた私が悪いのは分かっているですが笑
 
とは言え、中学生活の中でそこそこ勉強もしていただけにやはり落ちたショックは大きかったです。
 
商業高校は女子に人気なのでそこそこ倍率があってもでもぎりぎりいけるかなくらいのレベルでした(私の学力)
 
合格発表の日に親と見に行って私の番号がなかった時絶望して放心状態のまま車にのって帰りました。
 
その帰り道で中学時代仲良かった友達から電話がきてどうだった?と聞かれて思わず泣いてしまいました。
 
そしたらその友達は私と同じすべり止めの高校に行く!絶対行く!と友達なりの励ましをしてくれました。
 
まあ結局は一緒の高校に行かなかったんですけどね。
 
高校に合格した人だけ出身中学で集まるという会があって落ちた私はもちろんいけませんでした。
 
きっとうわさしてたと思います。
 
でもなんだかんだ高校の説明会とか入学式とか高校がはじまってしまえば普通でした。
 
駅で中学の友達と会っても別に落ちたとはわかってると思うけど触れてはきませんでした。
 
ある意味それに助けられていたのかもしれません。
 
あと私の高校そこそこ制服が可愛かったんですよね。
 
あとすべり止めのすごく底辺高校に行ったので学年の順位は10番以内でした。クラスでは1位を3年間キープしました。あとテスト平均90はキープしていました。
 
(底辺だけどブログでくらい自慢したい)
 
なので私は短大の推薦をもらってその短大に合格していくことができました。
 
私が落ちた高校からもその短大に進学する人多いので私は逆によかったと思いました。
 
底辺が集まる高校なのでテストの問題も簡単でそこまで勉強しなくてもいい点がとれて
 
アルバイトもokで私はそこそこ充実した高校生活を送れたと思います。
 
もちろん高校で学力が大して上がらなかったので大学では下の方でしたけど
 
でも海外就職もできたし私はある意味受験に落ちてよかったと思っています。
 
もちろん受かってたらそれはそれで違ったとは思いますが、
 
今では受験3日前までゲームしてたらおちた~なんて笑って言えます。
 
なので高校なんてあくまで通過点
 
どの高校に行っても自分で楽しみ方を見つけたら楽しくなるから落ちても落ち込む必要はないです!
 
だから私は高校時代好きだった歌い手を追いかけたりゲームをしたり大学も全くいい成績をおさめたわけではないので

誰よりも楽して過ごしてきた自信があります。
 
人生楽しんだもんがち!